FX自動売買ジェネレーター
トップ > MT4 EA ガイド > コラム 基礎知識編

コラム 基礎知識編

そもそもEAって何?

EAとは、無料のトレーディングソフト「MetaTrader」で起動させることができる自動売買用のプログラムのことで、Expert Advisor(エキスパートアドバイザー)の略称です。

EAには、売買の条件や決済の条件など、詳細なロジックが書き込まれているのですが、このEAをMetaTraderで起動させれば、組み込まれたロジックに従って自動的に売買と決済を行ってくれるのです。

トレードでは、感情が介入して売買の判断が狂うことが一番危険と言われていますが、EAを使った自動売買では、トレーダーの感情が入り込む余地がありません。 組み込まれたロジックに従い機械的な売買を繰り返すので、ロジックが優秀であればあるほど素晴らしい結果が期待できるのです。

さらに、MetaTraderでは、このEAを自分で作成することができます。 MetaTraderには、プログラムを作成するための専用エディタである「MQL4」が搭載されており、これを駆使して自分の売買と決済のロジックをEAに組み込めば自動売買のプログラムが完成します。 単純な売買の指示はもちろん、テクニカル指標のシグナルを組み込むこともできるので、多彩なEAを作成することが可能です。

自動売買が可能なトレーディングソフトはいろいろありますが、自分で考案したオリジナルの売買ロジックを組み込んでプログラムを作成できる点は、MetaTraderならではの大きな特徴です。

MetaTraderは世界中で数多くのトレーダーに利用されており、すでにトレーダーたちが自作したEAが数多く存在します。 インターネット上にはトレーダーたちが結果を出してきたEAも数多く紹介されています。 優秀な結果を生み出すEAは、有料で紹介されているケースもありますが、プログラムの知識がなくても簡単にEAを入手し、トレードに活用することができるのです。 自動売買プログラム「EA」を駆使して得られる様々なメリットこそ、MetaTraderが支持されている大きな理由の一つと言えます。

Pips(ピップス)、ポイント(point)とは?

FXにおけるPips(ピップス)とは、取引を行う通貨のレートを表す最小単位を表します。 たとえば、米ドルと日本円の通貨ペア(USD/JPY)でトレードを行う場合、1Pipsは0.01円、つまり1銭となります。

PipsのほかにPoint(ポイント)という言葉も使われますが、基本的にはPipsと同じ意味と考えて問題ありません。 米ドルと日本円の通貨ペア(USD/JPY)でトレードを行う場合は1Pointは0.01円、つまり1銭で、Pipsと同じ単位です。

ただし、通貨ペアの組み合わせや、口座を開いたFX会社によって1Pipsや1Pointが表すレートの単位は異なってきます。 米ドルと日本円の通貨ペア(USD/JPY)の場合でも、最近では85.050や85.05000など、小数点第3位以降を表示するFX会社が出てきているようです。

この場合、小数点の最後の桁をPipsの単位として計算するのか、それとも従来通り1Pips=1銭で変わらず、小数点第3位以降は0.1Pips、0.01Pipsという具合にカウントするのか、口座を開いたFX会社にしっかりと確認を取る必要があります。

口座を開いたFX会社で、1Pipsがどれほどの価格で扱われているのかを把握しておかないと、MetaTraderを使ったトレードでは大変な混乱を招くことになります。 単純な指値注文、逆指値注文などはもちろん、EAを使った自動売買も、ほとんどがPipsを基準にして行われるからです。

「始値から30Pips値下がりしたら買い注文を出す」などの注文を予約する場合、トレーダーとFX会社のPipsの単位が違っていれば思った通りのトレードは絶対に不可能です。 また、MetaTrader自体も、各FX会社のトレードルールに合わせてカスタマイズされていますので、やはりPipsの単位を把握していないと正常な注文ができないことを肝に銘じておきましょう。

ロットとは?

ロットとは、売買を行うときの単位です。 1ロットは10万通貨で、これはどんな通貨ペアでトレードを行ってもロットで表示されます。 USD/JPYでトレードを行った場合、1ロットの買い注文を出すと10万ドルの買い注文を出したことになります。

MetaTraderで売買の注文を出す場合、1回に行える注文の最大ロット数と最小ロット数は、口座を開いたFX会社によってまちまちですが、最近では1000通貨単位(0.01ロット)での小口注文を受け付けるFX会社もあるようです。

注文のロット数を間違えてしまうと、大変な事態になってしまうので注意が必要です。

たとえば、米ドルと日本円の通貨ペア(USD/JPY)でレバレッジを1倍に設定している場合、1ロットの注文は10万ドルの注文を通すだけの証拠金(少なくとも10万ドル以上の口座資金)が必要になりますが、高いレバレッジを設定している場合、たとえば200倍のレバレッジを設定していれば、数十万円の証拠金で簡単に1ロットの注文が通ってしまいます。

証拠金の残高によって売買額の上限は変わってきますし、口座を開いたFX会社によっても違いがあるのですが、ある程度の資金と高レバレッジがあれば、1ロット、10ロットという高額取引は簡単に実現してしまうのです。

さらに、高レバレッジで高額の売買を行った場合、利益も上がりますが、損失についてもレバレッジと同じ比率で膨れ上がります。 ロット数を間違えて、あっという間に資金がショートしてしまうトラブルは、いままでに数え切れないほど発生しています。

注文ロット数の間違いは資金の増減に関するトラブルに直結しますので、最新の注意を払ってロット数を確認しましよう。

スリップページとは?

スリップページとは、買い注文、売り注文を出したレートで約定せず、何らかの原因でレートが上下にずれてしまう現象を言います。 これは当たり前のように起こる現象で、つねにスリップページを計算に入れて注文を出す必要があります。 例えば、「1ドル85.00円に値下がりしたら買い」という注文を出した場合、必ずしも85.00円ちょうどで注文が約定されるとは限らない、ということです。 指定した85.00円で約定せず85.05円、あるいは85.15円など、10Pips以上も大幅にずれ込んでしまうことも起こり得ます。

おもな原因は、以下の通りです。

●インターネットの接続環境が悪い(速度が遅い)
●パソコンのスペックが古い
●FX会社のシステムの問題(サーバ等)
●注文が殺到し、急激に市場が動く

これらの原因のうち、FX会社のシステムの問題や市場の急変などは、トレーダーの力ではどうすることもできないので、約定力が非常に強いFX会社、あるいはスリップページが発生しないと公言しているFX会社を最初から選択するしかありません。

もっとも、FXは世界中の市場で取引が行われているので、たった1秒以内に何度もレートが変動してもまったく不思議はありません。 したがって、スリップページが発生するのはある意味、当然とも言えるのです。 また、必ずしも損をするというわけでもなく、スリップページした結果、有利なレートで売買や決済が行えることもあります。

一般的には、売買の際に、トレーダーが許容できるスリッページの幅を指定できるシステムを取り入れているFX会社が多いようです。 これはトレーダー側がリスクをあらかじめ限定できるので、積極的に利用したいシステムです。

例えば、「3Pips以内のスリッページなら売買を行う、それ以上スリップしたら見送りする」などの条件をつけることができ、MetaTraderにも指示が出せるようカスタマイズが施されています。 また、MetaTraderで使用するEAにも、あらかじめスリップの許容範囲を指定するプログラムを組み込むことができます。

ただし、スリッページの取り扱いについても、FX会社によっていろいろと違いがあります。 口座を開く前にしっかりと確認しておきたいものです。

なお、FX会社によっては、あるいは書籍やインターネット上のサイトなどでも、「スリッページ」「スリップページ」「スリップ」と呼び方に違いがある場合がありますが、どれも同じ意味で使われています。

マジックナンバーとは?

マジックナンバーとは、MetaTraderでEAを使用した自動売買を行うとき、EAと建てたポジションを管理するために使う認証機能です。

MetatraderでEAを使った自動売買に慣れてくると、複数のEAを起動させ、複数の通貨ペアやタイムフレームを利用して取引を行うケースが出てくるはずです。 また、資金が順調に増えた場合も、多くのEAを起動させ、トレードの規模を大きくしたくなるはずです。 そしてリスクヘッジのため、やはり複数の通貨ペアやタイムフレームを使って複数のEAを起動させる場面が出てきます。

こういった場合は、EAにマジックナンバーを設定しておかないと混乱が生じます。 複数のポジションが建つと、どのEAが建てたどの通貨ペアのポジションなのか、トレーダーだけでなくEAやMetaTraderも区別がつかなくなってしまうのです。

EAはマジックナンバーを元に、それぞれのEAが建てたポジションを管理しています。 この機能は、例えば、EUR/USDのH1(1時間足)チャートと、H4(4時間足)チャートで同時にEAを使用しているとき、それぞれのEAがもう一方のEAが建てたポジションを決済しないようにするためのものです。 マジックナンバーさえしっかりと設定してあれば、EAが建てたポジションに、別のEAが干渉することはありません。 また、裁量によって手動で建てたポジションに、EAが干渉してくることもありません。

マジックナンバーを設定できないEAは、他のEAと同時に動かすことが危険なためお勧めできません。 単独で使用するなら問題はありませんが、他のEAと同時に動かす場合、つねに混乱の原因となってしまいます。

MetaTraderでは、成立したポジションすべてに固有のチケット番号(注文番号)が付きますが、EAを使った自動売買の場合は、必ずマジックナンバーで区別する習慣をつけることをお勧めします。