FX自動売買ジェネレーター
トップ > MT4 EA ガイド > MT4 EA 初心者入門

MT4 EA 初心者入門

MT4とは?

MT4とは、MetaTrader 4(メタトレーダー4)の略で、ロシアのMetaQuotes Software社が開発したFXのトレーディングソフトウェアです。チャートの表示、各種注文は当たり前として、数多くの機能を備えています。EAというプログラム(スクリプト)を作ることにより、簡単に自動売買が出来ることが特徴です。日本でも数社のFX証券会社で採用されています。デモ口座を開設すれば、すぐに試しに使ってみることが出来ます。

インディケータとは?

Indicator(インディケータ)とは、MT4上でチャートを表示するプログラムのことで、C言語とほぼ同じMQLという言語で書かれています。世界中で多くのカスタムインディケータが開発されており、それらをダウンロードし、インストールすれば、様々なテクニカル指標をチャートとして表示することができます。

EAとは?

EAとは、Expert Advisor(エキスパートアドバイザー)の略で、MT4上で自動売買をするためのプログラムのことで、インディケータと同じようにMQLという言語で書かれています。EAも、世界中で多くのEAが開発され配布されています。「Strategy Tester」というバックテストツールを使用すれば、実際に売買を行わずに、過去のデータを使って自動売買プログラムの損益検証が行えます。損益を最適化するために、様々なパラメーターの組み合わせを自動的に損益検証してくれる「オプティマイザー」という機能も用意されています。

当サイトでは、プログラムの知識が全くない方でも簡単にEAを作れるサービスを提供しています。自動売買に興味はあるけど難しそう、海外のサイトだと英語ばっかりで分からない、自分でいろんなテクニカル指標を組み合わせてEAを作りたい、始めからEAを作るのは難しいのでテンプレートが欲しい、という方には是非とも当サイトをご利用されてみることをおすすめします。

.ex4と.mq4の違い

インディケータやEAを自分で作成したりダウンロードすると、mq4という拡張子のファイルが出来ます。これの中身は単なるテキストファイルで、普通のテキストエディタで開いて編集することも出来ます。これをMT4にインストールし、MT4を起動すると、MT4によりmq4ファイルがコンパイルされ、ex4という拡張子の実行ファイルが作られます。

コンパイルとは、人間が読める文字で書かれたプログラムを、コンピュータが理解し実行できるバイナリというプログラムに変換する処理のことです。コンパイルは、MT4の起動時以外にも、「MetaQuotes Language Editor」からmq4ファイルを開き、ツールバーの「Compile」をクリックすることでもコンパイル可能です。

もしプログラムにスペルミスなどがあると、コンパイルは失敗し、エラーが表示されます。ex4ファイルが出来て、コンパイルが成功しているにもかかわらず、コンパイル時にメッセージが表示された場合は、それはワーニングと言って、プログラムのバグの可能性を指摘しています。動作に問題がない場合は、ワーニングは放置しても問題はありません。

インディケータとEAのインストール方法

・mq4ファイルのインディケータの場合
「C:\Program Files\MetaTrader 4\experts\indicators」にmq4ファイルを移動させ、MT4を再起動するか、「MetaQuotes Language Editor」でコンパイルを実行します。
・ex4ファイルのインディケータの場合
「C:\Program Files\MetaTrader 4\experts\indicators」にex4ファイルを移動させるだけです。
・mq4ファイルのEAの場合
「C:\Program Files\MetaTrader 4\experts」にmq4ファイルを移動させ、MT4を再起動するか、「MetaQuotes Language Editor」でコンパイルを実行します。当サイトで作成し、ダウンロードしたEAはこれに該当します。
・ex4ファイルのEAの場合
「C:\Program Files\MetaTrader 4\experts」にex4ファイルを移動させるだけです。

※MT4が「C:\Program Files\MetaTrader 4\」にインストールされていることを想定しています。他の場所にインストールした場合は、移動させるパス(フォルダ)を変更してください。