FX自動売買ジェネレーター
トップ > テクニカル解説 > ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

移動平均線から偏差を計算し、価格の限界を察知しようとするテクニカル指標です。中央のラインが移動平均線で、その上下に描かれたラインは標準偏差をかけたラインです。

ボリンジャーバンドは、中央の移動平均線に1倍の標準偏差をプラスマイナスしたものが±σ、標準偏差の2倍をプラスマイナスしたものが±2σという具合に表示されます。値動きは、約68%の確率で±σのライン内に収まるといわれています。さらに約95%の確率で±2σの内側に収まるといわれているのです。実際には、バンド幅の拡大と収縮があり、数学的情報だけで単純に逆張りすることは危険ですが、このわかりやすいシグナルのため、ボリンジャーバンドは多くのトレーダーに愛用されています。

ボリンジャーバンドは、トレンド相場、レンジ相場のいずれでもシグナルを出してくれる使い勝手の良いテクニカル指標なのてすが、トレンド相場とレンジ相場ではシグナルの読み方が逆になりますので注意しましょう。トレンド相場でσのラインを突き抜けたら、そのままトレンドが伸びるシグナルと判断します。逆にレンジ相場でσのラインを突き抜けたら、そこで値動きが反転するシグナルと判断するのです。

メタトレーダーのチャート上でボリンジャーバンドを表示する場合は、標準偏差の値を1回づつ入力し、複数回に分けて表示します。±σ、±2σ、±3σと3回の表示作業を繰り返すと、中心線を含めて7本のグラフを表示することができます。