FX自動売買ジェネレーター
トップ > テクニカル解説 > 移動平均線

移動平均線

最も有名なトレンド系テクニカル指標のひとつであり、多くの投資家が必ず意識する指標です。移動平均線にはさまざまな種類がありますが、通常、移動平均線と言えば、単純移動平均線のことを指します。単純移動平均線は、数日間の終値を合計し、サンプルとして集めた日数で割った値です。例えば5日移動平均線の場合は、当日からさかのぼった5日間それぞれの終日終値を合計し、5で割った 数字がチャート上にポイントされます。これを毎日繰り返してつなぎ合わせたラインが、単純移動平均線です。

計測する日数が多ければ多いほど、移動平均線は緩やかなラインとなります。逆に2〜3日程度の移動平均線は、ほぼチャートの値動きに連動し、チャートの終値に近いラインを描きます。なお、加重移動平均線は、直近の価格を重要視するため改良されたものです。指数移動平均線は一定期間の平均値ではなく、保有しているデータの数値をすべて計算期間として扱う変則的な加重移動平均線です。

移動平均線のシグナルは、短期線と長期線のクロスです。短期線が長期線を上抜いたときが「ゴールデンクロス」、短期線が長期線を下抜いたときが「デッドクロス」と呼ばれています。どちらも売買のチャンスです。

移動平均線の算出方法

単純移動平均線線
(当日終値+前日終値+2日前終値+3日前終値+4日前終値)÷5
加重移動平均線
(5×当日終値+4×前日終値+3×2日前終値+2×3日前終値+1×4日前終値)÷(5+4+3+2+1)
指数移動平均線
前日の指数平滑平均+A(当日終値-前日の指数平滑平均)
A(平滑化定数)=2/(5+1)