FX自動売買ジェネレーター
トップ > テクニカル解説 > RSI

RSI

オシレーター系の代表的なテクニカル指標で、値動きに停滞感が漂うレンジ相場で使いやすい指標です。

例えば、70のラインに相場価格が接近し、ラインを上抜けると買われすぎのサインです。相場全体が「買い注文」に偏りすぎていると判断でき、大抵は反動で70ラインの下に戻ります。逆に相場が下がって30のラインを割ると、大抵は30ラインの上に戻ってしまうのです。もちろん、必ず価格が戻ってくるとは限りません。70と30のラインは絶対ではありません。

また、RSIを算出する日数(本数)の数値も重要です。他のテクニカル指標と同じく、RSIも一定期間中の相場価格を分析して算出されています。したがって、何日間のサンプルを計算するかが大切になってきます。一般的には9日間、14日間で計測されることが多いようです。